オードリー若林、新エッセイ集『ナナメの夕暮れ』発表へ “自分探し”の完結編(AbemaTIMES)

オードリーの若林正恭(39)が新エッセイ集を発表することが、27日、明らかになった。

【悩み】が本当に解決できるなら
やっぱり気になるし、やってみたいなあ。

わたしが気になっているのはコレ・・・

こういう時は
体験ブログの口コミを参考にするのがベスト!ですよね

あまり悪い評判もないみたい
効果がでている人もいそうだから
やってみてもいいかもしれないな~



富田靖子、吉永小百合も演じた大役にプレッシャー「なんでお話受けちゃったんだろう……」(AbemaTIMES)

女優の富田靖子(49)らが27日、都内で行われた2人芝居の舞台『母と暮せば』の製作発表に出席した。

 『母と暮せば』は、長崎を舞台に、被爆した母親と原爆で亡くなった息子の幽霊の交流を綴ったファンタジー作品。2015年に山田洋次監督が吉永小百合(73)主演で映画化している。

どこまで信じればいいかが難しいな・・・

やってもいないのに
レビューしてる人もいるだろうしね。

わたしが気になっているのはコレ・・・

効果についてのレビューは、悪評はないみたい。

ほとんどが【怪しい】と考えてることが
前提の推測ばかり。

ただネットの商品って
詐欺が多いって聞くし
購入して、始めてみたいけど・・・

本当に悩むなー。



要潤、“うどんオーラ”は「内側から出る」(AbemaTIMES)

俳優の要潤(37)と女優の木内晶子(36)が27日、都内で行われた「うどん県。それだけじゃない香川県」プロジェクトの「大人うどん県」プロモーション映像プレス発表会に出席した。

どこまで信じればいいかが難しいな・・・

やってもいないのに
レビューしてる人もいるだろうしね。

わたしが気になっているのはコレ・・・

効果についてのレビューは、悪評はないみたい。

ほとんどが【怪しい】と考えてることが
前提の推測ばかり。

ただネットの商品って
詐欺が多いって聞くし
購入して、始めてみたいけど・・・

本当に悩むなー。



“名奉行”加藤剛さん、胆嚢がんで死去 80歳 酒もタバコもやらず…生真面目伝説 「野心むき出しにせず女性にも人気」(夕刊フジ)

映画「砂の器」やTBS「大岡越前」などで知られる俳優、加藤剛(かとう・ごう、本名=たけし)さんが6月18日、胆嚢(たんのう)がんのため東京都内の施設で死去した。80歳。知性あふれる二枚目俳優としてお茶の間に親しまれた昭和の名優は静かに旅立った。

 葬儀・告別式は近親者で執り行った。お別れの会を9月22日に東京・六本木の俳優座劇場で開く。タバコも吸わず、酒も飲まなかった加藤さん。近年はその激やせぶりがネット上で話題になっていたが、病と闘っていたことが明らかになった。

 早稲田大学文学部演劇科で学び、4年時の1960年に俳優座の養成所に入った。62年、主人公を演じたTBS系「人間の條件」で注目された。

 代表作は70年から99年まで約30年にわたって放送されたTBS系「大岡越前」。人情に厚い江戸町奉行、大岡忠相役は生真面目な加藤さんにぴったりの配役だった。

 日本映画史に残る名作として名高い映画「砂の器」(74年)では事件を追う刑事役の丹波哲郎さん、森田健作の熱い演技に対して犯人役の和賀英良をあくまでもクールに演じて存在感を示した。

 最後の出演作は今春2月に公開された映画「今夜、ロマンス劇場で」。2001年に紫綬褒章、08年に旭日小綬章を受章している。

 加藤さんを何度も取材した時代劇コラムニスト、ペリー荻野氏は「会うたびに笑顔を絶やさない優しい人。野心や野望をむき出しにすることなく、まじめに仕事をするので女性スタッフにも人気でした」と振り返る。

 その人柄はやっぱり“生真面目”。「でも本人は自分が生真面目とは思っていなかったんです。そんなところが面白かったんです。仲間思いで家族思いで…」とも。

 そんな一面がのぞくエピソードがある。「大岡越前」で長年共演し、家族ぐるみの付き合いをしていた竹脇無我さんに娘が誕生したときは、竹脇さんよりも先に病院に駆け付けて、奥さんを労ったというのだ。

ネットの評判や噂って
実際のところどうなんだろう?

正直、ノウハウに興味あるから気になります。

わたしが気になっているのはコレ・・・

こんなに簡単に効果がでるんなら
すぐにでもやってみたい気がするんですよね。

評判や口コミどおりに効果あるなら
嬉しいけど・・・。



総選挙2位・須田亜香里が1位・松井珠理奈と語り合ったこと(夕刊フジ)

6月16日に開票された「第10回AKB48世界選抜総選挙」で2位と大躍進したSKE48・須田亜香里(26)。zakzak編集部はそんな彼女を直撃し、開票イベントでの心境や2位になったことで変わったこと、そして後輩たちに伝えたいこと…などについて話を聞いた。須田が総選挙1位の松井珠理奈(21)と語ったこととは?

<今年の選抜総選挙で大躍進!2位になって、見えてくる景色は変わりましたか?>

 「自分自身が何も変わっていないので(景色は変わらないです)。まだ(総選挙から)あまり日がたっていないですが、1日1日を必死に結果を受け入れていこうというのだけで精いっぱいです」

<4位でNGT48・荻野由佳さんの名前が呼ばれ、前回よりも実質的にワンラックアップが確定。3位のとき、『次に呼ばれるのは私かな』と正直思った?>

 「そうですね、呼ばれてもおかしくないし、全然イヤではなかったです。準備は当然していました(笑)」

<そこで「HKT48…」とアナウンスされた瞬間、正直どう思いました?>

 「もうびっくり仰天です。3位が発表され、(SKE48メンバーの1、2位が確定した瞬間、SKE48の)みんながこっちを向いて喜んでくれたのが本当にうれしかったです。今回の総選挙で一番それがうれしかった。『SKEでやってきてよかったなぁ』って。メンバーにもこうして結果を喜んでもらえる人になったんだなっていうのが本当にうれしかったです」

<翌日の「サンデー・ジャポン」(TBS系)で「正直悔しい思いもあった」と話していましたが…>

 「はい(笑)。それは当然ありました。(司会の徳光和夫アナが)『SKE48、チーム…S』って言ってくれないかなって思ってました(笑)」

<6位から2位になった今回の結果について、ご本人としてはこれは“成長”というふうにとらえているのですか?>

 「成長という言葉はふさわしくないのかな。成長したから順位が上がるというものではありませんし。人らしさだったりとか、自分なりのやりかたをこの1年で貫かせてもらったという、その結果だというふうに思っています。いいところも悪いところもしっかりファンの方々だけでなく色んな方々に見せることができた、その結果だと。『人間らしさが伝わったかな』と思っています。

 アイドルって、どんな子かどうかってなかなかわかってもらえないじゃないですか?だからその『どんな子なんだろう?』っていう疑問がバラエティー番組などに出ることによって伝わったのかなって」

<アイドルの人間性を伝えるって結構難しい作業だと?>

 「そうです。アイドルって、えたいが知れないじゃないですか。歌って踊っているだけでは『私はこんな人です』っていう部分はなかなか伝わりにくい。興味を持ってもらいにくいといいますか。だからそのキッカケはもらえていたのかな。それが『なんでこの子が2年連続で神7なの』っていう疑問。『かわいくないのにどうして?』っていう。その世間の疑問がたくさんのお仕事につながっていったので、本当にファンの皆さんを含め、私のことを知ってくれた方々のおかげでこの1年は成り立っていました」

<総選挙後、珠理奈さんとはどんな話をされましたか?>

 「今までどおりではありますけど、2人で謙虚にやっていこうと。こういういい結果をもらえたときだからこそ、謙虚な気持ちと初心を忘れずに、と。多分『この子がこの順位じゃダメなんじゃないか?』っていうことを探されることが多くなると思うので、保守的になるわけではありませんが、今までどおり、自分が正しいと思ったことはやっていくつもりですけど、いつどこで誰から見られても恥ずかしくないものを見せていかないとなっていうのは考えています」

<2位という結果を汚さない行動がこれからは求められますね>

 「やってきたことに自信があるつもりでも、ふとした一瞬の切り取られ方などで変わってしまうことはあると思います。すごく難しいです。でもそれを気にしすぎて感情を表に出さなすぎてしまうようなことはまったくするつもりはありませんが、謙虚な気持ちを今まで以上に持っていきたいなと考えています」

<「目標だった珠理奈さんにライバルだって言ってもらえるようになれたことがうれしい」とスピーチで話していましたが、今後、珠理奈さんとの距離感はどうなっていきそうですか?>

 「ライバルと言っても、SKE48を一緒に支えていきたいという基本的な気持ちは一緒なので、珠理奈さんとライバル関係になるのは1年に1回だけなんじゃないかなと私は考えています。それ以外は今までもこれからも当たり前のようにパフォーマンスをステージの上で感じていきたいです。

 レッスンとの向き合い方、アイドルとしての活動に対する熱意、ステージに立つときの意識など、そういうものの私のお手本がずっと珠理奈さんだったので。それをずっと続けていくのってすごく大変なんです。100%でやっていくこと、ずっと100%を出し続けることって本当に大変なんですけど、(お手本としてほかに)やっている人がいると頑張れるんですよ。それが珠理奈さん。だからお互いそれを長い間できて、それを支え合えるような関係になれたらいいなと思っています。

 ずっと100%でいるのって1人っきりだったら絶対に無理なので。まわりに100%、もしくはそれ以上の方がいれば私も負けたくないし、頑張れる。負けず嫌いはSKEの特徴でもあるので、その気持が(メンバーに)連鎖していったらいいなって」

<2位という順位は『後輩たちのお手本になれ』という順位だと思います。今後、後輩たちにはどんな背中を見せていきたいですか?>

 「そうですね、アイドルを頑張ることと、自分の夢はイコールなんだよってことですね。そう思ってもらえるように頑張りたいです。48グループにいて(総選挙で)上の方の順位に行けなくても仕事がもらえるっていうのはグループが大きくなったからこそのよさでもありますけど、48グループの名前があるからこそもらえる仕事、そういうチャンスがメンバー全員にあるっていうのはありがたいことですけど、それが甘えになっている部分があると思う。

 アイドルとしてどんな人が人気が出るっていう傾向はあるかもしれないけど、そこを狙うっていうのが嫌な子もいるかもしれないけど、でも、もとをたどればグループに入ったときに『人気者になりたい』とか『前の方に立ってみたい』っていう願望があったはずだから、それにこだわれる、貫けるようなグループにしたいです。居場所を求めたりとか、劣等感を抱えないためにも、自分の夢をあきらめないでほしいなって」

<今後、後輩から『須田さんみたいになりたい』っていう子たちが増えてくると思いますが、そのへんはどうお考えですか?>

 「どうなんですかね、正直、大変ですよ(笑)。世の中、どこに行っても選ばれる人と選ばれない人がいるじゃないですか。選ばれない人が圧倒的に多いからこそ、私は皆さんの共感を得られるようになりましたが、でも本当は、『選ばれる人になれるよう頑張れる人』であることが大前提でないとダメだと思いますし、でもそれがダメだったら、私のようにそれをチャンスだととらえて、進めるように、その励みになるように頑張ってほしいです。私は本当に最終兵器なので、最初からここを目指すのは正解ではないのかなと(笑)」

<あらためて今回の順位に対するファンへの言葉を>

 「本当にファンの皆さんによって私のアイドル人生は成り立っているので、自分をさらけ出すこと、それを受け入れてくれるファンの方々がたくさんいて、私はアイドル人生だけじゃなくて、須田亜香里としての人生をファンの方々にいただいてるし、その中でもいろいろな感情をファンの皆さんと分け合ってきているので、やっぱりこれからも一緒に人生を楽しめる存在でいられたらうれしいなって思っていますので、ファンの方々はもちろん、これから出会ってくだされる方々にも一緒に喜びなどを分かち合っていきたいと思っていますので、よろしくお願いいたします」

●須田亜香里(すだ・あかり)

本当にあんなに効果が出るんなら嬉しいんだけど、
(ちょっと現実離れした)
インチキ商品のような疑惑を感じるのも普通だよね。

わたしが気になっているのはコレ・・・

実践者の暴露レビューとかを参考にして
購入するかどうか決めようと思って

ネットで色々調べたら
そんなに悪い評判や口コミが無いんですよ。

サポートもしっかりしてる★と評判が良さそう

どうしよう・・・これはGO!かな?




  プロフィール  PR:無料HP  整形 カラコン  調理師 専門学校  モンロー  中古ホイール 群馬  タイヤ 激安  スポーツ科学部  無限  アクアマリン  認定心理士  小学校 教員免許 通信  ノア トヨタ 中古  名簿業者