1メートル74の松下奈緒が札幌ドームで始球式 ノーバン投球ならず(サンケイスポーツ)

JAバンクイメージキャラクターを務める女優の松下奈緒(33)が12日、JAバンク北海道スペシャルナイターとして開催された日本ハム-阪神(札幌ドーム)の始球式を務めた。

【どんなタイプでも解決できる】みたいに言ってるのが
ちょっと【インチキくさい】感じがするのよね

わたしが気になっているのはコレ・・・

よく公式サイトとかに出ているモニターさんって
成功したから、代表例として出演しているわけで・・・
全員が【必ず】成功するとは限らないよね。

かといって
実践者のリアルな口コミを読んでると
かなり高い効果を実感できるみたいだよね。

信じて、試してみようかな



【有名人マジギレ事件簿】元・ほっしゃん、遅刻しても謝罪せず宮川大輔と殴り合い(リアルライブ)

元「ほっしゃん。」こと、お笑い芸人の星田英利が、6月から吉本の俳優部に移籍したと発表した。今後は、芸人としての活動を継続しながら、俳優業にも比重を置いていくという。

 星田は99年まで、宮川大輔と結成した「チュパチャップス」として活動。解散後はピン芸人として活動し、05年に「R-1ぐらんぷり」で優勝。12年にはNHKの朝ドラ「カーネーション」に俳優として出演し注目を集めた。

 そんな彼は変わり者として知られており、数々の異様な言動が、元相方・宮川によって暴露されている。

 コンビ時代、2人が星田の家でネタ合わせをしていた時のこと。一区切りついたため、星田は風呂に入り、宮川はタバコを吸いながらテレビを見ていたという。すると、風呂から上がって早々、星田は「おまえぇぇぇ! オラァァァ!!」と突然、宮川に殴りかかってきたそうだ。これに宮川は「なんやねん!?」と反撃しながら尋ねると、相手は「おまえの吸うてるタバコ、おじいちゃんのラス1じゃ!」と激怒。なんと宮川が口にしたタバコは、星田の祖父が亡くなった際、病室にあった最後の1本だったそうだ。しかし、あまりに普通に置いてあったことで、吸ってしまった宮川は「知るかーー!」と言い返し、喧嘩になったとのこと。

 星田の自宅といえば、過去、宮川があるロケで訪れた際、室内から亀のミイラや、4年放置したおでんが出てきたり、腐った卵には「上、下、下…」と、ファミコンの必殺技が書かれているなど、異様な部屋の状況が明かされ話題に。それほど無造作に物が置かれていれば、宮川が遺品であるタバコを吸ってしまったのも無理はないかもしれない。

 またその後、2人が再び、殴り合いの喧嘩をする事件が起こる。

 ある日、テレビ番組のロケが予定されていたそうだが、星田は集合時間から2時間も遅れて現場にやってきたという。だが、彼は一切謝罪をせず、鞄を机に叩きつけながら「で、どうするの!?」と高圧的な態度をとった。これに宮川は「で、どうするのやあらへんがな、ほっしゃん。やっぱ先、謝らな」と、優しく話しかけたとのこと。しかし、星田は、宮川の言葉に耳を傾けず、「で、どうすんの?」という言葉を連呼し続けた。さすがの宮川も頭に血が上り「表、出ろ!」と言うと、星田は「なんやオラァァァァーー!! アァァァァァァアア!!」と、突然の絶叫。

 急に大声で叫び出したため、宮川は急いで外の方に連れて行き、「ほっしゃん、どうした? どうした? おかしいよ」と宥めようとした瞬間、またしても、星田は「ウワァァァァァ!」と声を荒げ、顔面にパンチをしてきたという。それから宮川は2発ほど殴られるのを我慢したとのことだが、その後は殴り合いに発展。結局、アナウンサーに止められるまで、喧嘩は続いたようだ。

【悩み】が本当に解決できるなら
やっぱり気になるし、やってみたいなあ。

わたしが気になっているのはコレ・・・

こういう時は
体験ブログの口コミを参考にするのがベスト!ですよね

あまり悪い評判もないみたい
効果がでている人もいそうだから
やってみてもいいかもしれないな~



『おっさんずラブ』、放送終了後も視聴熱冷めず 実際のLGBTたちの反応は?(リアルライブ)

6月2日に最終話を迎え、空前のブームを巻き起こした今期最もピュアな恋愛ドラマ『おっさんずラブ』(テレビ朝日系)。ザテレビジョンが独自に調査している「視聴熱デイリーランキング」によると、いまだに放映されている『花のち晴れ~花男 Next Season』を抑え、単独トップをキープしている(8日時点)。

 世間からの反応は上々であることが見て取れるが、実際のLGBTからはどう見られているのだろうか。

 『おっさんずラブ』のストーリーは、“お人好し”でモテない33歳、“ノンケ(恋愛対象が異性)”の主人公・春田創一(田中圭)が、ある日突然、職場の上司である乙女な部長・黒澤武蔵(吉田鋼太郎)と、同僚である牧凌太(林遣都)の2人から告白を受け、性別を超えた本当の愛に目覚めるラブコメディ。2016年末の単発放送が好評を博したこともあり、今回の連ドラへと繋がった経緯がある。

 ただ、時代はLGBTに敏感な世の中だ。どんなに性的マイノリティに理解を示そうと工夫しても、理解されないことが多い。ここ最近で言えば、LGBTを扱ったドラマに『女子的生活』(NHK総合)があり、過去にも『ラスト・フレンズ』(フジテレビ系)が高視聴率を出しているが、いずれもセクシャルな葛藤をシリアスに描いたものだった。“セクマイをテーマにするのなら慎重に”という配慮が感じられるドラマで、見応えこそあるがLGBTに対するモヤモヤはどうしてもぬぐえなかった印象がある。

 そこを『おっさんずラブ』は、あえてLGBTという設定を難しく考えず、“中年のおっさんたちが少女漫画的な恋愛に向き合う”ことに焦点を絞った。おそらくは、連ドラ化が決まる前に、制作側でそのあたりの話し合いは相当行われたことだろうが、性に関する微妙なところには触れないことで、結果的に成功した良い例と言える。事実、同ドラマの脚本家・徳尾浩司氏はCinemaCafe.netのインタビューで「男女だった場合と同じように、恋愛を真っすぐ一生懸命やることを考えよう、というところが出発点」だったと語っている。同ドラマのファンのツイートを見ていても、“ノンケ”である多くの一般視聴者は、LGBTがどうと言うより、中年男性の“ピュアさ”に心を奪われているようだ。

 では、実際に“セクマイ”である視聴者はどう見ていたのだろう。ネット上にあるLGBT系の掲示板には、「やっぱ二話のキャットファイト最高だわ。もっと見たかった」「面白かったわ やっぱ地上波は再放送無いかしらね」といった好意的な意見に加え、「ラストのスーツケースの会話、痛い、絶対入らない、とか言ってるし行為のメタファー(隠喩)ね」などの投稿が多数。ストーリーを深掘りして、性的なものを匂わす演出に長けていると称賛する声も見られた。

 一方で若干ネガティブな意見としては、「(部長も牧も) 告白の前にカミングアウトという大きなハードルを華麗にスルーできてるのが、まさにBL」「続編とか本気で皆さん見たいわけ?! 私最終回でトホホ…だったからもうやめて~状態よ」「これ以上突っ込まないライトなままのファンタジーコメディなら続編期待するわ」との声が。最後まで見てはいるものの、好みは分かれているようだ。

ちょっと不安があるんだよね。

口コミで見る限りでは、
良い評判もあるし
さっそく試したいけど・・・どうなんだろうね?

わたしが気になっているのはコレ・・・

実践者の口コミや評判って
何か安心感があって、
基本的に効果については肯定する声が多かったです。

あまり良い口コミばかりだと
胡散臭いけど・・・やってみようかな



週4でバイト中?『コンフィデンスマンJP』、明日の最終回を前に“五十嵐”の注目度高まる(リアルライブ)

11日に最終回を迎える月9ドラマ『コンフィデンスマンJP』(フジテレビ系)。毎回、入れ替わりで豪華ゲストが出演することでも話題になり、現クールのドラマの中でも人気作の一つに挙げられている。

 長澤まさみ、東出昌大、小日向文世がコンフィデンスマン(信用詐欺師)を演じ、何重にも仕掛けたワナで巧みにターゲットをだましていく展開が魅力の本作。その中でも、今ネットで注目を最も集めているのが、“4人目のコンフィデンスマン”とも言われている五十嵐だ。俳優の小手伸也が演じ、一躍話題になっている。

 五十嵐は第2話から登場した。これまでカメラマンや新聞記者、医学博士などさまざまな役柄に扮し、第9話では長澤まさみ演じるダー子が結成したバスケットボールチームの“秘密兵器”の選手に。秘密兵器と言いながらも実際にはポンコツで、開始16秒でバテてしまう“ハリボテ選手”を演じた。しかし、視聴者は五十嵐に愛着を持ったよう。

 「五十嵐可愛い!」「五十嵐がメインの回を作ってほしい(笑)」「私の中では五十嵐が主演」などと視聴者は絶賛している。本作の副音声企画、「五十嵐のスウィートルーム」ではMCを務め、遂にメイン3人がゲスト出演するなど盛り上がりを見せている。小手本人のTwitterでも同企画への質問を募集するなど、丁寧な性格も垣間見え、ファンを獲得している。

 そんな中、小手は7日に放送された『アウト×デラックス』(フジテレビ系)にも出演。「月9俳優なのにバイトが忙しい男」として登場し、マツコ・デラックスらとトークを繰り広げた。番組の中で小手は、大手通販番組の受注センターで電話のオペレーターを5年ほど続けており、現在も週4回勤務していると告白。スタジオの共演者らを驚かせたほか、自らを“シンデレラおじさん”と称し、ブレイクへの驚きを表現した。マツコからは「『男版吉田羊』にならないとね」と次世代のバイプレイヤーを目指すよう励まされていた。

 実は小手、08~12年に放送された深夜番組『アナ★バン!』に番組オリジナルキャラクター・太陽さんとして出演しており、声の良さはお墨付き。舞台演劇で鍛えられた演技力を武器に、“シンデレラおじさん”としてさらなるブレイクに期待する声も多く集まっている。

こういうときはひとまず、
本当に実践した体験者の
口コミを参考にしたいですよね。

わたしが気になっているのはコレ・・・

【賛否両論】意見がいろいろあるのも分かるけど

ちゃんと判断したいので
ネタバレやレビューを読んでると・・・

効果はもちろんだけど、
行き詰った時などメールサポート等は、
すぐに返事があってイイみたい。

サポートが【親切】って
購入者の多くが言ってるみたいだね。



コウメ太夫「松竹梅」は深読み その他、あのBGMも“ダジャレ”からきている?(リアルライブ)

お笑い芸人のコウメ太夫のネタが話題だ。最後の決め台詞「チクショー」に「竹松」の漢字が当てられるため、芸名とあわせて松竹梅になるもの。そこまで狙ってネタが作られていたのではといわれた。だが、本人はネットニュースのインタビューで否定している。

 気づかないところで、ダジャレになっているものは少なくない。例えば、埼玉県を中心に放送しているFM放送局NACK5(ナックファイブ)の周波数は79.5メガヘルツで局名とかかっている。そうしたネタを集めて、伊集院光はかつてラジオ番組『深夜の馬鹿力』(TBSラジオ系)で「ダジャレGメン」なるコーナーを持っていた。

 「太田胃散のCMに流れるクラシック音楽は『ショパンの前奏曲第7番イ長調』であり、これは“胃腸”にかけているのではないか。セクシー女優の蒼井そらは“青い空”ばかりではなく“抜けるような青い空”の下ネタがかかっているといったものですね。中には、こじつけや妄想力たくましいものもありましたが、世の中にはこれだけダジャレがあふれているのだと気付かされました」(放送作家)

 同コーナーでも話題となっていたのが、『タモリ倶楽部』(テレビ朝日系)である。この番組ではダジャレBGMが多く放送される。

 「スピーカーの試聴をする場面で、サザンオールスターズの『C調言葉に御用心』がかかるといったものですね。2種類をかけ合わせたハーフ野菜を取り上げた回には、『ドラゴンボール』のテーマソングがかかり、これは作品に登場するサイヤ人と野菜とかけた曲です。さらに、お尻が登場するオープニング曲は、短い下着という意味をもつ『ShortShorts』です。お尻を振るオープニングと曲のタイトルは見事にかかっていることになりますね」(前出・同)

【どんなタイプでも解決できる】みたいに言ってるのが
ちょっと【インチキくさい】感じがするのよね

わたしが気になっているのはコレ・・・

よく公式サイトとかに出ているモニターさんって
成功したから、代表例として出演しているわけで・・・
全員が【必ず】成功するとは限らないよね。

かといって
実践者のリアルな口コミを読んでると
かなり高い効果を実感できるみたいだよね。

信じて、試してみようかな




  プロフィール  PR:無料HP  原町中央自動車教習所  東京 専門学校  IID  中古ホイール 石川  タイヤ イブサム 新品  美容専門学校  中古 タイヤ  本物のアメジスト天然石  幼稚園教諭 大学  株エヴァンジェリスト 投資顧問  タイヤ取付交換  リノベーションローン