白いインドタテガミヤマアラシ 「チョロ」誕生


千葉県市原市の動物園「市原ぞうの国」で、白い色したインドタテガミヤマアラシが生まれた。

同園によると、インドタテガミヤマアラシはスリランカ、西アジアの岩石地などに分布しているという。

夜行性の動物で、昼間は岩間などに潜んでおり、群れで生活する。

赤ちゃんは7月7日に生まれた。

インドタテガミヤマアラシの赤ちゃんが生まれたのは初めてである。

赤ちゃんはチョロチョロと動き回ることから「チョロ」と名付けられ、今はキャリーケースの中で生活している。

ミルクや柔らかい草を食べ、誕生時に454gだった体重を順調に増やしている。

同園は「白い動物は縁起が良い印象がある。

8月半ば一般公開できれば」としている。

国内&海外ホテル予約『トリバゴ』